シールドケアCu²+ <除菌・抗菌・防汚コーティング剤>

汚れやウイルスを弾いて防ぐ!被膜型コーティング剤

銅イオンの力で抗菌、塩化ベンザルコニウム配合で除菌効果+! どこでも、だれでも、かんたんに、除菌・抗菌・防汚コーティング!

スプレーしてウエスで拭き上げるだけで、菌の温床である汚れを防ぐとともに、
付着してしまったウィルスの繁殖も大幅に抑制します。

光触媒系の抗菌コート剤のような下地処理は一切不要。
水溶性コーティング剤で透明皮膜を形成するためあらゆる素材に塗布可能です。
また光や空気といった触媒がなくても、銅が持つ強力な酸化力でウイルスや菌の増殖を抑えます。

効果:

銅イオンの抗菌パワーで菌やウイルスの増殖を防ぐ!

銅は10円玉として使われているため人体への影響が少ない。
コーティング層が高撥水性のため塗布面に付着するウイルスや菌を減少

塩化ベンザルコニウムの除菌効果をプラス!

消毒薬として塩化ベンザルコニウムを有効成分とする逆性石鹸液は、オスバン、ヂアミトールなどの商品名で市販されている。経済産業省がNITE(製品評価技術基盤機構)に依頼し、塩化ベンザルコニウムが新型コロナウイルスにも有効であると証明。

水溶性コーティング剤で扱いやすく安全性が高い

触媒系ではないので、紫外線がなくても強い酸化力を発揮してウイルスや菌を死滅
透明皮膜の形成によりあらゆる素材にコーティング可能

デング熱、ジカ熱を媒介するヒトスジシマカの発生を抑える

銅の微量金属作用で蚊の幼虫のボウフラの羽化阻止が認められている
アオコの防除、ナメクジの忌避効果も期待できる

銅による抗ウイルス効果とは

銅の抗ウイルス効果の原理とその効果

金属は水などに溶け出した金属イオンが細菌類のはたらきを抑える「微量金属作用」と呼ばれる効果を持ち合わせてます。様々な金属の中でも銅が持つ微量金属作用は細菌の増殖を抑えるという面で特に優れた性質を持っており、様々な分野で活用されています。 銅は水分と反応すると強い酸化力を持つ活性酸素分子種が生成され、これが細菌等の標的分子を分解し不活性化させます。これが銅の抗ウイルス効果の源といわれています。細菌種によって抗菌性能の強弱はありますが、一般的に「抗菌性がある」といわれるレベルより、遥かに優れた抗菌性を銅が示すことが様々な研究から判明しています。

銅の抗ウイルス性・抗菌性が実証されている事例

  • A型インフルエンザウイルス
    銅片にウイルス液を接触後30分でウイルス検出限界値まで不活性化
    ノロウイルス(代替ネコカリシウイルス)でも不活性効果が認められる。

  • O-157菌
    O-157菌液を塗抹した培養地に銅片を置いて培養し、さらに銅片を
    除去して培養後、銅片に接触した部分は菌の発育は見られなかった。

  • レジオネラ菌
    レジオネラ菌培養地に銅片を置くと銅片の周りに発育阻止円の形成が認められた。

  • 病院内のドアノブなどにも銅合金素材が導入された実績あり

家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすために、経済産業省がNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)に依頼し、消毒方法の有効性評価を実施した結果、塩化ベンザルコニウムが新型コロナウイルスに有効であると判断されました。


※経済産業省ホームページより一部引用


※NITEホームページより一部引用

使用方法:

1. 対象物に油分・汚れがある場合は除去してください。
2. 本剤をウエス等に数回スプレーをし、対象物に塗布してください。
3. 乾いたウエス等で拭き上げてください。

施工後の清掃方法:

従来通りの清掃方法で問題ありません。
アルコール製剤や次亜塩素水を使用しても施工箇所への影響はありません。

使用上の注意:

※ 吸入引用不可。

製品内容:

・内容量:200ml
・成 分:ケイ素ポリマー、安定剤、銅化合物、塩化ベンザルコニウム

 

製品情報

使用箇所: 陶器製品、洗面ボウルなど
使用箇所: 陶器製品、洗面ボウルなど
キズをつけずに 洗面ボウルの黒ずみ・くすみ除去
キズをつけずに
洗面ボウルの黒ずみ・くすみ除去
使用箇所: トイレ内のメッキ製品等
便器などに本液を塗布し、ブラシ等で軽く擦ってください。
衛生陶器本来の光沢を復元するプロ用ツール
水だけで汚れを落とす事ができます
衛生陶器専用・液体ガラスコーティング剤
水垢付着防止コート剤
14インチ用、他メーカーの価格と厚みをくらべてみて下さい。
エアゾール式空間除菌剤(銀イオン[Ag+]配合)
銅イオンの力で抗菌、塩化ベンザルコニウム配合で除菌効果+
指紋・皮脂等の除去に優れたクロス
長さ125㎝の特大メラミンスポンジ